現代文講師〜ア行〜

[前に戻る] [TOP]
オススメ情報
受験生のおこづかい稼ぎ:受験勉強だけに集中したとしても、どうしてもをお金は必要になってきちゃう。そこでパソコンさえあれば簡単に小銭を稼げる方法を紹介しています。もちろんリスクも怪しさもゼロなので安心。

青木 ☆☆☆☆☆(かなこさん) すごくわかりやすい!!!!!!この一言!!!!!!友達と青木ファンになりました。(かなこさん)
青木先生 ☆☆☆☆☆(正家さん) 50〜60(正家さん) 青木方式は始めは分からないがTVネットの教科書で勉強してから受けるとよく分かる。自分は偏差値40〜69まで上がった。(正家さん)
青木 邦容 ☆☆☆☆☆(たれなすびさん) 45〜55/私大文系向け(たれなすびさん) 京都出身の30歳(99年9月現在)関西学院大学経済学部卒。98年から代々木・大阪・京都の校舎に出講。自称人気講師だが、生徒の好き嫌いがはっきり分かれる講師。私は個人的に好きだったが、授業中は自分好みの女生徒を当てる傾向がある。講師室に質問に行って、個人的な事を聞かれたら要注意。授業は公式に当てはめて機械的に解いていくのが特徴。関西人なので、授業中によくネタを披露するが、毎年ネタは同じなので、2浪して授業を受けると楽しさが半減する。ネタもほとんどが作り話で、結構ほら吹き。ネタは基本的に面白いが、同じネタでも校舎によって反応が違い、ウケないと怒り出すこともしばしば。また、鈴木京香のファンと言って、独身のふりをしているが、彼は既婚者である。彼の事を好きな女生徒はあまり深入りしないように!授業内容としては、万人向けだが、基礎固めをしたい人にはお薦めだが、レベルの高い大学を受けようと思っている受験生には物足りないかも。中には彼のネタだけを楽しみに授業を受けている生徒もいる。授業形態は古文の吉野敬介講師の授業をもっとお笑い系にした感じ。国公立理系からは嫌われるタイプかも。今年から代々木に週2日出講し、代ゼミの看板講師として実力を上げてきている。参考書などの著書も5冊出しており、講習会で自分の参考書を授業中に抽選して生徒にプレゼントしたりもする気前のいいところもある。自意識過剰な面もあるが、今までになっかた予備校講師のキャラクターなので、1度騙されたと思って受けてみる価値はある!(たれなすびさん)
青木 邦容 ☆☆☆☆(ぱんだぱんさん) 40〜60/私立文系・初心者向き(ぱんだぱんさん) 1969年8月生れの京都人。関西学院大経済学部卒。95年に代ゼミ名古屋校の女子事務員と結婚。99年現在、代々木・大阪(江坂/難波)・京都の校舎に出講。98年からサテライン及びTVネットに出演、代ゼミの看板講師として頭角を表している。参考書などの著書多数。授業内容は<青木公式>を用い、機械的に現代文を解いていく。彼の授業は生徒の好き嫌いがはっきり分かれるが、現代文が苦手な人にはとてもいい講師だと思う。授業中、10〜20分ほど雑談=ネタを披露するが、ほとんどが作り話。本当の事を言う時は必ず「真面目な話なんやけど」と言う。口癖は「当然のことながら」「自慢でも何でもある」など、やや自意識過剰な面もあり。見た目遊び人風に見えるが、奥さん一筋な真面目人間。鈴木京香のファンなのは本当らしいが、奥さんは鈴木京香系の和風美人ではない(でも小柄な美人)。彼は仕事とプライベートをハッキリ分ける人なので、生徒と遊びに行くことはほとんどない。よっぽど仲の良い生徒とは、卒業してからバイトで雇ったりしているようだが、基本的に女生徒と個人的に仲良くすることはないようだ。1時期ホモという噂も流れたが、違います。彼に憧れる女生徒は結構いると思う(私もそうだった)が、かなり面食い。可愛い女生徒がいると、授業中良く当てるので、彼の好みのタイプはすぐ分かるはず。気になる人はチェックしてみて。(ぱんだぱんさん)
青木 邦容 ☆☆☆☆☆(サットさん) 45〜70一流校から三流校まで(サットさん) この人は天才です。現代文の教え方は最高にいい。授業中の雑談はもっといい。関西人である私が言うのだから間違いない。受験勉強に疲れた人は青木先生の雑談でリフレッシュしよう。やる気が出てくること間違いなし。たぶん。(サットさん)
青木 邦容 ☆☆☆☆(みみっさん) 40〜55/センター・私立文系・国立理系向き(みみっさん) 1969年8月18日生まれ。関西学院大学経済学部卒。京都生まれ。代々木校・大阪校(江坂/難波)・京都校に出講。サテライン・TVネットにもでている、人気赤丸急上昇講師。「青木公式」を駆使した、独自の現代文解法を用いる。授業の最初と半ばに雑談をする。外すと寒いが、なかなか面白い。生徒の面倒見も良いが、やや、自意識過剰な面もある。プライドが高いので、変な質問をすると怒ることもある。現代文をゼロから始める人にはお勧めの講師。(みみっさん)
青木 邦容 ☆☆☆☆☆(ろうにんパンダさん) 50以上/国語が苦手、あるいは自分の勉強法に限界を感じている人。(ろうにんパンダさん) 授業の面白さは、もう言いようも無いほど!「青木方式」の使い方がよくわからんと言う人もいるけど、出るだけでも価値のある授業だと思う。質問に行くと、とっても丁寧に教えてくださいます。(ろうにんパンダさん)
青木 邦容 ☆☆☆☆☆(サットさん) この人は天才です。現代文の教え方は最高にいい。授業中の雑談はもっといい。関西人である私が言うのだから間違いない。受験勉強に疲れた人は青木先生の雑談でリフレッシュしよう。やる気が出てくること間違いなし。たぶん。(サットさん)
青木邦容 ☆☆☆☆☆(豚吉さん) あまり記述向きじゃない気がする(豚吉さん) 彼の授業は絶対おもしろい!冬季しかとらなかったけど、一回目の授業で惚れてしまいました。そのおかげで、真面目に出席&聴講&宿題できた。教え方もまあまあ良いと思う。青木方式っていうのも、冬だけで一応理解はできたし。結果的にそんなに利用しなかったけど。でも、とにかく毎回授業に行くのが楽しみでした。出会えて良かったと思える大好きな人です。(豚吉さん)
青木邦容 ☆☆☆☆☆(ましゃさん) 45〜65(ましゃさん) 授業では、青木方式を用いる。 最初は意味が分からなかったりするが、先生を信じてやっていくうちに、現代文の苦手な人でも数ヶ月後には、必ず成績は伸びてくる。 特に、マーク式の試験では「満点確実」といってもいいほどである。 (ましゃさん)
青木邦容 ☆(Takaさん) 暇なやつ(Takaさん) 青木。やつはやばい。話がおもしろいのは認めます。が、授業は予備校界最悪です。去年受けてましたが、話を聞きに行ってました。というか代々木の本科生でしたが夏まで授業には行っていません。自習室ばっかでした。それでも国語は全総で15位にいました。やっぱり我流が一番です。あえて、おすすめするなら英語の冨田と古文の吉野です。(Takaさん)
青木邦容 ☆☆☆☆(MARI(青木に感謝)さん) 40〜75(MARI(青木に感謝)さん) 4月から取ってる。青木はおもしろい。でも、成績上がる。2月の模試で現代文偏差値40しかなかったのに、青木を4月から取ったら62になった。その事を青木先生に報告しにいったら本人も驚いていた。でも、笑いにはまるとやばいから友達が笑ってても自分は笑わない方がいい。(MARI(青木に感謝)さん)
青木邦容 ☆☆☆☆☆(くれあさん) どんなひとでも(くれあさん) わかりやすくて授業もおもしろい。ちょっと現代文が苦手な人は一度受けてみる価値ありです。おかげでセンターレベルから夏期講習の5日で関関同立レベルまでとけるようになりました☆ギャグもおもしろいし、眠くならない授業です。(くれあさん)
新井 勝憲 ☆☆☆☆(ゆずっこさん) 55−60(ゆずっこさん) 森本レオそっくりの声でゆっくり授業をするから、めちゃ眠い。けど、「ここにビシッ」は一度聞くと、忘れられないよ。添削も、きちんとすごく丁寧に教えてくれます。(ゆずっこさん)
新井 勝憲 ☆☆☆☆☆(たなえぼさん) 50〜70(たなえぼさん) 彼の顔面からほとばしる汗が、気合いのはいりようを物語るが、配られる解答に情熱の結晶(汗)が付いていることもあり、少し複雑な心境になる時もある。授業はとても分かりやすく、キーワード、キーセンテンスの発見が難なく出来るようになる。まとめ方も秀逸の一言。(たなえぼさん)
新井勝憲 ☆☆☆☆(河合塾山手校さん) 50〜60(河合塾山手校さん) 森本レオっぽいしゃべり方渋い。本文の大事な部分で「ココをビシッビシッ」っていって線を引かせる。本文の重要な所がよく分かる。趣味はどうやら全国自治くじを買いあさることみたいです。ドーリムジャンボ、サマージャンボともに100枚以上買ったらしいです。(河合塾山手校さん)
新井勝憲 ☆☆☆☆☆(現役さん) 関関同立以上(現役さん) 早稲田大学第一文学部出身。大阪南校で高校グリーンコース関関同立現代文やハイレベル現代文などを担当。論理関係をわかりやすく教えてくれる。ビシビシ言うのも心温まる。選択肢も本文と丁寧に照らし合わせ疑問点も残りません。(現役さん)
新井勝憲 ☆☆☆☆☆(現役さん) 関関同立以上(現役さん) 早稲田大学第一文学部出身。大阪南校で高校グリーンコース関関同立現代文やハイレベル現代文などを担当。論理関係をわかりやすく教えてくれる。ビシビシ言うのも心温まる。選択肢も本文と丁寧に照らし合わせ疑問点も残りません。(現役さん)
有坂 誠人 ☆☆(常蜜亭 俊情さん) 30−48/帝京 資格試験レヴェル(常蜜亭 俊情さん) 「例の方法」で一斉を風靡した大物だが,当然ながら役立たず,またうかつにはまると変な視点がついて却って偏差値が下がる。師の言うとおり是は正に溺れ詞の為の物。唯このお蔭で,大学の勉学精神をしみじみと味わい,南グリを降りて本末転倒から逃れられた。(常蜜亭 俊情さん)
有坂 誠人 ☆(デススタッフロードさん) 宅建対策に最適「例の方法」!!(デススタッフロードさん) 「例に方法」の視点で一問のみ適用できて感動!!しかしそのあとは全く使えなかった。もう廃盤にしても良いのでは!?但し大学の勉学を「真理の追究」とする師に哲学は確かに考えさせられる。因って,受験の虚しさをより深く感じるための講師とでもしよう。即ち,是により本当はより受験生活が苦しくなるのであり,決して楽をする為の物ではないのである。大人向けの「例の方法」を発刊すべきである。(デススタッフロードさん)
生谷 ☆(ロビンマスクさん) 判定不能(ロビンマスクさん) とにかく悪いしゃべりが早すぎる一人で「なんでやねん」と問題に突っ込みを入れる喋りが早すぎて口がこんがらがっている。最悪(ロビンマスクさん)
石井励 ☆☆☆(世良さん) 55以上哲学の好きな人(世良さん) 哲学科卒業なだけあって、授業が哲学的で解りにくい。テキストの内容はほとんどやらず、自分話で授業を進める。そんなに良い授業だとも思えないが、何故か人気は高い。(世良さん)
石川誠 ☆☆☆☆(たまちゃんさん) コースによるが、基本的には50以上(たまちゃんさん) 声がデカイ。早口。まあ分かりやすいけど、古文でちょっとヤラシイことを言うのと、常に自分の顔と彼女のいないことをネタにするのにはちょっと閉口・・・かな?でもとてもいい人だし、話しやすくて頼れます。洞察力もなかなかのモノ。私は好き!(たまちゃんさん)
石動賢三 ☆☆☆☆☆(慶應のボンボンさん) 全レベル対応、国公立も(慶應のボンボンさん) きちんとした読解方法を、妥協のない姿勢で行っていく姿には感動する世の中に、嘘を教える現代文の講師がいる中で、石動先生のような存在は貴重だ。雑談もかなり面白いので期待してよい。池袋・横浜・大宮・駒場によく来る。(慶應のボンボンさん)
石動賢三 ☆☆☆☆☆(慶應のボンボンさん) きちんとした読解方法を、妥協のない姿勢で行っていく姿には感動する世の中に、嘘を教える現代文の講師がいる中で、石動先生のような存在は貴重だ。雑談もかなり面白いので期待してよい。池袋・横浜・大宮・駒場によく来る。(慶應のボンボンさん)
石動賢三 ☆☆☆☆☆(やしろさん) 45〜70(やしろさん) 「石動賢三の現代文を科学する」という問題集が、書店で売っているが、あれはわざと難しく作ったそうだから、現代文に自信のない人は、基礎クラスを受講すれば何ら問題はない。接続詞の使い方を押さえれば、効果的な読解法を習得できる!!(やしろさん)
石動賢三 ☆☆☆☆☆(けいぴーんさん) 全般(けいぴーんさん) 池袋校人気・実力ナンバー1を争う講師。特に板書しまくり。問題文の論理構造から設問解説までとにかく書く。授業終了後には必ず拍手の嵐。講師室でも生徒が列をなす。(けいぴーんさん)
板野 博行 ☆☆☆☆(じゅんさん) 全部(じゅんさん) 京大卒。過去問の研究が好きで、特に評論では入試で使える“パターン”を教えてくれる。はじめは信じられなかったが使ってみると大当たり!偏差値52→71になりました。(じゅんさん)
板野 博行 ☆☆(保守改革系既成政党無所属:山口節夫大先生さん) 汎用講師(保守改革系既成政党無所属:山口節夫大先生さん) 雑談這うざいが授業はまずまず。あの「12のアイテム」は代ゼミの有坂誠人大先生の「5つの作業」に酷似。しかも「すなわち」「たとえば」の記号を敢えて変えているものだから余計に怪しい。「問題文の意味がわからなくても解けちゃうよ」戸の発言も有坂の「5つの作業」の意図に似るし,何しろ師は元代ゼミ講師……,と言うわけで,私はイマイチなじめなかった。(これについて何かご存知の方はご一報いただきたい)「ゴロ513」も,くだらない下ネタが連発してやる気がそがれるし,変なクセがあって読み辛い事がままあるし,又江川師も思っているのだろうが,語呂合わせの場合,其のゴロの情報に神経が行ってしまい,肝心の単語の意味の記憶にまで行き着かないと言う問題がある。(詰まり根本的なセンスがなくなる)幾ら点数の為とは言え,強引千万なゴロは甚だ疑問。 まあ,師は特単だけで充分であろう。(保守改革系既成政党無所属:山口節夫大先生さん)
板野博行 ☆☆☆☆☆(早稲田志望さん) 30〜(早稲田志望さん) とりあえず授業は最高におもしろい!特に私立希望の人はぜひとってみてちょ。文学史の本もオススメ。(「文学シェー」)(早稲田志望さん)
板野博行 ☆☆☆(NAHOさん) 基礎から有名私大まで(NAHOさん) 東進の看板講師だけに板野信者は多い。が文章を全て記号化する板野先生のやり方は時間がかかるので講習会だけの参加はよろしくない。古文でも名を馳せているがゴロをつくるのに一生懸命である。(NAHOさん)
板野博行 ☆☆☆☆☆(りんごさん) 45〜55(りんごさん) なんかね、何でも教えられるんだってさ。本当に頭の良い人。自信のある人。時々「あたしとは違うんだわ」てなことを目の前に突き付けられてるような気がして切ないけど、それはやっぱりあたしが彼に恋をしていたから・・・なんだろうか??(りんごさん)
板野博行 ☆☆☆☆☆(ゆりこじさん) ハイパー現代文  レベル:無限(ゆりこじさん) 絶対にオススメです。授業の内容は最高!出口先生の授業をやめて乗り換えた人は大勢います。そのうち文部大臣にでもなりそうな人です。(ゆりこじさん)
板野博行 ☆☆☆☆☆(masakiさん) 下はいくつでも〜70くらいで私大志望の人(masakiさん) 僕は今、先生の授業を受けてますが、ホントにいいです。文章を[ハイパー化]でわからせてくれ、ゴロ513は、古文単語の暗記にぴったし。雑学の知識も豊富で、その奥の深さに脱帽させられます。[現代文バイブル」もいいですよ。(masakiさん)
伊藤(武) ☆☆☆☆(河合の塾生さん) 40-(河合の塾生さん) 授業がわかりやすいつまらないギャグが多いけど、わかりやすい(河合の塾生さん)
伊藤 紫野富 ☆☆☆☆☆(みどりぴんくさん) 40〜65/すべて(みどりぴんくさん) とりあえずキレイ。でも、もっと短いスカートを履いたらもっと生徒が増えたのに。授業はとても分かり易く、雑談も子供の話が多いが、将来に役立つ話をしてくれるのでとてもいい。シノブちゃんサイコ−!(みどりぴんくさん)
内田 和美 ☆☆☆☆☆(su-さん) 50〜65(su-さん) とにかくパワフル。授業はわかりにくい場所を徹底解説。生徒の視点にたって教えてくれるのでとてもいいです。早慶レベルまでは確実にいけます。(su-さん)
内田和美 ☆☆☆☆☆(疾風怒濤さん) 現代文苦手のすべての人に(疾風怒濤さん) 2年前講習を取ったその気合の入ったパワフリャな授業は最高です センタ-でやばい人はぜひとってください今年からyゼミにくる数学のy先生と友達 攻めの現代文が合言葉 趣味の恋愛(?)からつながる雑談も実に重みがあります  (疾風怒濤さん)
内田 亮 ☆☆☆☆☆(ようようさん) 40〜80(ようようさん) マイナー塾にいるすごい人。読解の方法もきちんとしているが、「解くこと」に対する解説がすごい。疑問点が一切残らないのがすごかった。偏差値70あっても受けてみる価値あり。説教は多いが、授業はおもしろい。性格がね〜、悪すぎ。(ようようさん)
内野 ☆(駿台学さん) 60〜(駿台学さん) 現代文の問題で聞かれているのはかならずその文章の主題であり、従って要約をとらえそれを各設問に当てはめれば答えだ、と主張します。この人の授業をきくと、現代文への取り組み方が変わります。センターが難化傾向にある理由、それへの対処もわかります。要求されることはかなりむずかしいので、「楽に得点がアップする」的なことは期待しないでください。しかし、彼の言うことが飲み込めたとき、「○○先生わかりずらい」などという他力本願な現文への取り組み方をしていた過去の自分を恥じるでしょう。(駿台学さん)
内野 博之 ☆☆☆☆☆(ホセさん) 65〜。文理問わず。(ホセさん) 流れるように難問を解く。感動。また、ほかの予備校、講師、参考書の解法の批判をして憚らない。彼の「読み方」を正しいと思うか、単なるレトリックと思うかで評価は正反対。オレ的には満点。でも、講習だけではちょっと厳しい。ぜひレギュラーで。(ホセさん)
内野博之 ☆☆☆☆☆(オリーブさん) 55以上(オリーブさん) 現代文とは何か、文章を読むとはどういうことか、というように、解き方ではなくてただの基本を繰り返し叫んでいる。最初はわからなくても内野先生についていけば現代文ができるようになる。(オリーブさん)
梅沢眞由紀 ☆☆☆(ninaさん) 60〜65(ninaさん) 潔癖症の先生。でも、いいひと。現代文の授業はそれほどとはいわないが、文学史の授業はすごい。彼の本(がらくた文庫日本文学史)は名作。大学入っても役立ちます。趣味(興味があれば)としてもおもしろいです。授業はねえ、、、。でもいい先生であるのは確か。しかも河合でけっこうポジション高いぞ。なぜか。(ninaさん)
梅沢眞由紀 ☆☆☆(ninaさん) 潔癖症の先生。でも、いいひと。現代文の授業はそれほどとはいわないが、文学史の授業はすごい。彼の本(がらくた文庫日本文学史)は名作。大学入っても役立ちます。趣味(興味があれば)としてもおもしろいです。授業はねえ、、、。でもいい先生であるのは確か。しかも河合でけっこうポジション高いぞ。なぜか。(ninaさん)
梅澤真由起 ☆☆☆☆☆(かなさん) 60以上私大向け(かなさん) 私はこの先生のおかげで、現代文はまちがえなくなった。向き不向きあり?私大向きの人にはいいと思う。たんたんと話すが時々入る雑談がおもしろい。雰囲気に似合わず、社会人サッカー&ラグビー経験のスポーツ万能らしい。(かなさん)
大野茂 ☆☆☆(ヤーっちさん) 45〜65/私立文系志望者向。(ヤーっちさん) 東大医学部卒なのに、なぜか現国の講師をしている変り種。やたらインターネット関連の雑談をする。この講師に目をつけられた生徒は、だいたい第1志望に合格しているようです。基礎を固めたい人にお勧め。(ヤーっちさん)
大野茂 ☆(3朗生さん) どこにも適さない(3朗生さん) 彼の授業を一度受ければわかるがとにかく最悪。うさんくさい話ばかり。彼を信用すると痛い目にあいます。(3朗生さん)
岡井 ☆☆☆(大三元さん) 50以上(大三元さん) 怪しい風貌で、着ている服が妙にフィットして変で、いかにもヅラで、雑談はいかにも作り話っぽい。頻繁にくれるプリントは結構役に立つことがあるが、授業の進行が遅すぎる。授業の回数を重ねるごとに切ってプリントだけをもらう人が増えてきた。(大三元さん)
岡井 ☆☆(岡ちゃんさん) 50〜60(岡ちゃんさん) 私は東大文スーパーなるクラスにいたが、彼の使う言語はさっぱり理解できなかった。彼は時々狂いだすので見苦しかった。プリントをよく配る。むしろ、配りすぎ。(岡ちゃんさん)
岡井 ☆☆☆(大三元さん) 怪しい風貌で、着ている服が妙にフィットして変で、いかにもヅラで、雑談はいかにも作り話っぽい。頻繁にくれるプリントは結構役に立つことがあるが、授業の進行が遅すぎる。授業の回数を重ねるごとに切ってプリントだけをもらう人が増えてきた。(大三元さん)
岡井 ☆☆(岡ちゃんさん) 私は東大文スーパーなるクラスにいたが、彼の使う言語はさっぱり理解できなかった。彼は時々狂いだすので見苦しかった。プリントをよく配る。むしろ、配りすぎ。(岡ちゃんさん)
岡井 光義 ☆☆☆(VAGさん) 45〜70(VAGさん) とにかく癖があるが行き詰まっている人にはお勧め。但し彼の方法にハマリ過ぎると危険。平常授業はともかく、季節講習は受ける価値がある。テキストが良い。実は代ゼミの吉野師なみの苦労人。(VAGさん)
岡井 光義 ☆☆☆☆☆(die 40〜   現代文を受験で使う人すべて(dieTaubeさん) とにかくいい 基礎の基礎から論理的に教えてくれる彼の授業を受ければ、英語や他の科目もイモずる式に伸びる(dieTaubeさん)
岡田安司 ☆☆☆☆☆(たけださん) 私立大全般(たけださん) 語彙をほとんど必要としないのがこの先生の特徴。常に何と何を対比しているのかを最後まで貫き通す「○×式現代文」は、普通の先生とは違った形のスタイルで講義を展開。語彙がない人ほどこの授業を受けると語彙概念に邪魔されないので偏差値が急上昇する。(たけださん)
岡田安司 ☆☆☆☆☆(たけださん) 語彙をほとんど必要としないのがこの先生の特徴。常に何と何を対比しているのかを最後まで貫き通す「○×式現代文」は、普通の先生とは違った形のスタイルで講義を展開。語彙がない人ほどこの授業を受けると語彙概念に邪魔されないので偏差値が急上昇する。(たけださん)
小川 ☆☆☆☆(予備校マニアさん) 50−70(予備校マニアさん) とてもいい授業をする。おそらく日本一!(予備校マニアさん)
小川 ☆(tsubaさん) 35〜50(tsubaさん) 全くまじで現代文がわからない人むけ。普通の人には意味無しである。解き方が幼稚だ。しかも出席にやたらうるさい。彼女をとるなら参考書をやった方がよい。(tsubaさん)
尾原 ☆☆☆☆☆(うりさん) 60以上いくらでも。(うりさん) 現代文が、できると思い込んでる人は受けましょう。10は上がります。(うりさん)
[前に戻る] [TOP]