大学受験で逆転合格するための勉強法

早稲田大学教育学部合格者の国語勉強法

現代文
使用参考書
 ・入試現代文へのアクセス 
 ・言葉は力だ(河合出版)
 ・桐原標準古文単語650
 ・マドンナ古文常識
 ・最強の古文(Z会)

現代文は受験を迎えるまで意識せずにただ漠然と解いていました。どちらかというと苦手でした。

問題によって成績に波があったりしたのが心配で、3年になってこのままではまずいと思い、本格的に勉強を始めました。

最初に「入試現代文へのアクセス」を一日一題解くようにしました。現代文の参考書は解説がどれだけ詳しいかが選ぶ時に大切なポイントだと思います。答えがあっているから丸を付ける、だけじゃなくどうしてその解答に至ったのかを解説でチェックして、自分の考えと一致しているかなどをしっかり答え合わせしてください。

また私は「言葉は力だ!」という現代文キーワード集のようなものを夏ぐらいから読み始めました。これは勉強に疲れたときや合間時間などに読みました。

この参考書は、わかりづらい言葉から普段馴染んでいる言葉の本質的な意味や、論説文でよく取り上げられるテーマなどがイラストなどで説明されていてわかりやすかったです。ぜひ一読をおすすめします。

語句の理解も必要ですが、読解力が無ければ現代文はなかなか解けないものです。私も読解力には自信がありませんでした。直前期まであまり力は伸びなかったけれど、学校でセンター対策を授業で受けていたので、多くの問題に触れることが出来、少しずつですが読解力もついてきている様に思えました。

受験生になると色々な参考書に手を出したくなりますが、10〜11月を過ぎると問題演習中心の勉強に絞った方がいいように思います。直前になって新しく参考書を始めると、自分の今までの読み方を変えなければならない事になるかもしれません。これは大きなリスクを伴います。自分のやり方を信じて出来るだけ多くの問題に触れることの方が大事だと思います。

あと一番効果的だったのは何度も書きますが過去問演習です。早稲田の現代文は硬質なものが多くて、問題集によって答が割れているものも・・正しく読めているのか不安でしたが、量をこなせばなんとかなるだろうと思い、出来るだけ多くの問題にあたりました。難しい文章を読むことで他大学の問題に比較的取り組みやすくなったのも良かったと思います。

あと早稲田にはありませんでしたが記述式の問題は、うまくまともらなくても良いので書いて、必ず自分で手を動かすようにしてください。私も記述は苦手だったのですが、自分の考えをまとめることで自分の解答に何が足りなかったのかがわかります。慣れてくると必ず記述のコツがつかめてくると思うので、最初からうまくまとまらなくても大丈夫です。

古文
古文は学校の授業の予習などをやっていました。本文を写して単語を調べて、本文をもう一回読むくらいであまり時間はかけていませんでした。今思うと、文法や用法なども調べておけばよかったなと思います。古典単語も学校で小テストがよくあったので、それも電車の中で覚えるようにしました。

古典を読んでいると?な言葉に出会うことがしばしば。今とかなり文化も違うし・・。そこで「マドンナ古文常識」を参考にしてわからない事があったら調べました。

また時間があるうちに源氏物語などを読んでおくと古文が身近に感じられるようになっていいかもしれません。源氏物語はあらすじを知っておくと問題が出たときにだいぶ読みやすくなるので、あらすじや登場人物の関係などを確認しておくといいと思います。

読解で苦労したことは、難しい文章になると主語がわからなくなったり、人間関係が複雑になって話の流れをつかめなくなることでした。そこで少しでも読み易くしようと思い、登場人物ごとに○や□や△など決めてそれで名前を囲み、その人物が出てくるたびに同じ記号で名前を囲んで区別していきました。

これは同じ人物の呼び名がいくつもあるとき(殿=道長=入道殿 のように)話がわかりやすくなっておすすめの方法です。また主語がわからなくなるのを防ぐために、こまめに主語は書き足していきました。

問題集は「最強の古文」をやりました。見たことのない用法や知識問題もあって難しかったのですが、頻出の古典が選んであるものだったようで、授業や過去問で同じ出典の問題が出てくるときもありました。説明が細かくてためになりました。年代が古めの作品も載っているので、入試で古代の文章が出る可能性のある人にはおすすめです。

あと文学史対策ですが、大学の入試で文学史が出題される方は早めに対策をしておくと安心です。私は文学史が手薄になったため入試直前期にあせりました。特によく出るなと感じたのは「成立した時代が○○より先か後か」というものです。ここで出る作品名は限られているので一気に覚えてしまうほうがいいです。

とはいっても私は暗記が苦手なので一気には覚えられません。しかたがないのでルーズリーフに表にして何が何時代に成立したかを書いて目に付くところに貼って覚えました。壁に書いたものを貼るのは結構暗記に効きます。(貼りすぎには注意!)文学史に限らず暗記ものは覚えたもの勝ちなので・・。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ