大学受験で逆転合格するための勉強法

東京大学理U合格者の化学勉強法

使用参考書
 ・化学TUの新研究
 ・化学TU重要問題集
 ・化学TUの新演習
 ・東京大学への理科
 ・東大実践問題集化学

化学は物理に比べて暗記する部分が多いです。

そのため知識量によって問題が解けるかどうか決まることがしばしばあります。

ここで詳しくかつわかりやすい参考書が必要になります。

僕が選んだのは化学TUの新研究です。これは高校化学の参考書の中でおそらく一番詳しい参考書でしょう。原理や物質の性質などをより深く理解するために、大学レベルの内容まで踏み込んで説明されているところもあります。僕はこれを高2の頃から使っていました。東大入試問題に出る事でこの参考書に載っていない事はないと言っても過言ではないでしょう。

次に基礎固めには化学TU重要問題集です。標準的な問題が多く、しっかり力をつけることができます。解説も詳しいので初めに使う問題集としては最適でしょう。それが済んだら化学TUの新演習に挑戦してみてください。化学TUの新研究の姉妹本です。

この問題集に載っている問題は、東大に受かる実力がある人でも難しいです。初見で解けなくても自信をなくさないでください。解説も基本的なところは省略されているので、先に挙げた問題集をしっかりこなしてからにしましょう。

仕上げはやはり模試問題集です。東京大学への理科、東大入試実践問題集はいずれも問題の質がよく解説も詳しいです。早いうちからチャレンジしておくと本番の試験慣れという意味でいいかもしれません。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ