大学受験で逆転合格するための勉強法

東京大学理U合格者の物理勉強法

使用参考書
 ・新物理入門
 ・新物理入門問題演習
 ・難問題の系統とその解き方
 ・名問の森
 ・東京大学への理科

物理は先生によって教え方がかなり違います。

特に公立の高校の先生は基本的には教科書に則った授業をしますが、それでは東大物理にはあまり通用しません。

基礎を固めるまでならよいですが、それ以降からは塾に通うことをお薦めします。

あるいは塾に通わなくても、駿台出版の新物理入門を参考書として使うのもいいでしょう。この本では、物理学と言う学問が体系的にどう完成されていったのかという、物理の本質から学ぶことができます。

それによって物理を楽しく学ぶこともできますし、難問を解く力もつきます。ただ、そういう本である以上は大学教養レベルの難解な記述や式が出てくることは避けられないので、読むと決めたからにはその辺は覚悟しておきましょう。

基本から応用問題をある程度解けるようになったら、難問題にも手を付けていきます。良質な問題集としては、解説の詳しい順に、新物理入門問題演習、難問題の系統とその解き方、名問の森です。

このうち、真ん中の難問題の系統とその解き方は本当に難問ぞろいで、解説は100数個の例題にしか付いていません。演習問題はやらず、例題だけこなせば十分でしょう。完璧な答案が書けるまで繰り返し解くことが重要です。

 最後に東大入試予想問題集です。ここでは河合塾の模試問題集東京大学への理科を紹介します。物理の問題・解説は、河合塾や東進ハイスクールで講師をしている苑田先生が作っています。模範解答はとても参考になるし、学校では天下り的に与えられる重要な法則の証明も付録として付いており、すごく勉強になります。実際に模試を受けて、答案が返却される一ヵ月後にもう一度復習してみるのも力になります。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ