大学受験で逆転合格するための勉強法

慶応大学経済学部合格者の数学勉強法

使用参考書
 ・チャック&リピートTA
 ・チェック&リピートUB
 ・文型数学の良問プラチカ 
 

数学はセンスだということが言われていますが、一概にそうとはいえません。特に私大文系の場合、センスを必要としない問題のほうがむしろ多く、勉強すればそういう問題は確実に解けるようになるからです。

なので大切なのは難問ばかりに気を取られずまずしっかり基礎を固めること。難問は発見、工夫が必要なものもありますが、そういう問題はみなできないのであまり重要ではないし、応用問題はしょせん基礎の組み合わせか、標準問題を違う角度からみてため少々とっつきにくくしたものなので。

学力に自信のある人は基礎というと敬遠しがちですが、難関大ほど基本問題でもミスが致命的になります。僕は現役で基礎をかためなかったため、学力にムラがでて、結局十分な力がつきませんでした。

浪人を始める春休みには青チャUBをやりました。現役時はあきらかに、いろいろな参考書をみてチェクリピTAをはじめました。数学の参考書はたくさんありますが、説明が無駄に長かったり、要らない知識が多かったりするのが多いのですが、この本は重要なとこがしっかりおさえてありオススメです。

また一つの単元ごとに3〜5問の小問があり、レベルがだんたん上がっています。よく応用問題がとけないという人がいますが、それは基礎を知っているが、使い方をしらないがためです。ここで同じ基礎を使った様々な問題を経験することでその使い方がつかめてきました。

この本は基礎と書いてありますが単元の最後の問題はチャートの重要問題と内容はほとんどかわりませんので、基礎、標準までは十分だと思います。この本の使い方ですが、僕はまずそれぞれの単元の1,2問目までやり、まず一周しました。全てをやっていると最後まで終わる前に飽きてしまう可能性がありますし、一回ではどうせ頭に入らないので。

このとき自分の理解度をメモしていきます。◎は絶対大丈夫、○はだいたいOK、△は計算ミス、×はできない、と言った感じで。2周目からは◎ははやらず○ を軽く見直し、△と×をとき直します。このとき余裕があれば単元内の残りの問題にも手をつけていきます。3、4週もすれば8割はマスターできるでしょう。

チェクリピがおわったら秋からは本格的にレベルを上げ応用問題にとりくんでいきました。プラチカは若干記述量が多く最初は大変かもしれませんが、レベル、問題の質ともによいものなので私大数学受験者にもオススメです。

これも上に書いたようにチェックして進めていきます。一通り終わったらあとは復讐あるのみ。しっかり頭にいれて類題にしっかり反応できなくては意味がありません。効率をあげるため僕は復習のときは紙にかかずにやっていました。頭の中で方針が見えればOKです。直前期に最終確認でもう一度記述の練習をすれば十分です。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ