大学受験で逆転合格するための勉強法

早稲田大学社会科学部合格者の現代文勉強法

使用参考書
 ・頻出現代文重要語700
 ・河合塾シリーズ 入試漢字マスター1800+
 ・入試現代文へのアクセス
 ・漢字ターゲット1700

一番よくわからない教科ではないでしょうか。

そこで、まず問題の種類を2つに分けます。

@知識
A読解

@の知識は漢字、四字熟語、故事成語、語句の問題のことを言います。これには頻出現代文重要後700と入試漢字マスター一八〇〇+を覚えます。まず、頻出現代文重要語700は右ページの語句とその下の解説を読んで覚えます。左のページの例文は時間がかかる割に、効果が薄いと思ったので途中からやめました。

入試漢字マスター一八〇〇+は書いて覚えるしかないと思います。私は春から少しずつ(見開き1ページ/一日)のペースでやりました。当然覚えたor元々書けるものにチェックをして次回からは出来ないもののみをやります。そして、すべて覚えたらもう一度全部やり直します。結構忘れたりしているものが多いので怠らずにやりましょう。

@ 読解、要は文章を理解するしかないと思うのですが…テクニックで答えを出せるのならそれでも構わないですが、早稲田の問題でそんなことはおきないと思います。

なので、知識とかぶりますが頻出現代文重要後語700は大切です。どういうことかというと、例えば、「対象、対照、対称」の意味がそれぞれ違うのはわかりますか?ただ単に「タイショウ」と読めれば文章を理解できるわけではありません。簡単に言ってしまえば、日本語における語彙力ですね。

紛らわしい語句は頻出現代文重要後語700に殆ど載っているので、問題ないでしょう。入試現代文へのアクセスも同様解説に語句の意味が載っているので覚えましょう。語句の背景知識が読んでいるときになんとなく頭に浮かべばいいと思います。

厳密に一字一句意味を覚える必要は無いと思います。英単語を覚えるのと同じように、日本語の語彙力もつけなければならないのです。読書が好きな人は自然に語彙力がついていると思いますが、読まない人はこういう参考書で補うしかないでしょう。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ