大学受験で逆転合格するための勉強法

東北大学工学部合格者の英語勉強法

使用参考書
  ・総合英語forest 
  ・Nextstage 英文法・語法問題
  ・マスター英文法
  ・システム英単語
  ・MAKE PROGRESS IN ENGLISH Leading
  ・総合英語forest Extensive English Grammar in 46Lessons 4th Edition


単語熟語
1年の頃から1週間に約25個ペースでシステム英単語を使って覚えました。

長期休みには新しい単語を覚えるのではなく、今までにやった単語を復習することで定着させました。システム英単語には別売りのCDもあり、通学時や寝る前に聞くようにしていました。

 ただ、システム英単語にはあまり多くの意味が載っていないので、模試などで出てきた単語で同じ意味をもつ単語や形容詞・名詞なども自分で書き込みました。書き込みをすることで覚えやすくなったと思います。

文法・構文
Nextstageを使いました。最初にイディオムから始めました。1週間に10個程度覚えるようにしました。単語同様に長期休みには復習をしました。1年の冬休みにForestを読破しました。曖昧だった文法もわかりやすく絵で説明してあったりするのでオススメです。文法を理解した頃から英語の偏差値が上がり始めたと思います。

2年の頃からはNextstageの文法、語法をやりました。語法が苦手なので語法は受験直前まで続きました。3年から、会話表現を少しやりました。暗記物はいろんな参考書を使うより、1冊決めてとことん覚える方が良いと思います。

読解
読解は授業が中心でした。学校の先生がくれるプリントで和訳をやりました。プリントは1枚につき3〜4文くらいの短めのものが多かったです。授業でやったことは必ず復習をしていました。このプリントで速読力がついたと思います。

3年からはMAKE PROGRESS IN English READINGを使いました。この本はかなり難しく、速読力が落ちそうな気がしたので早めにセンター対策を始めました。センターの実践問題集や過去問などを使って第6問あたりの長文を速読するようにしました。夏休みはほとんどセンター対策をしたと思います。ただ、理科を重点的にやるため、英語はあまり時間をかけませんでした。

結局、英語も10月ごろから過去問を始めました。形式は長文が出て、和訳がほぼ必須でした。最後に英文を読んで、小論を書くことになっています。私は国語が1番苦手な科目だったのでとても苦労しました。

小論は11月から始め、先生に添削をしてもらい、書き直すということを繰り返し、毎日最低1つ、多い日は2つ書きました。特に小論があるなら、理系でも国語を落とさないようにすることを薦めます。

過去問をやる時には必ず時間を計りました。分からない単語を推測するのは最初は抵抗がありますが何度かやるうちに慣れます。1・2年生の頃から長文を読むときになるべく辞書を使わないでやっておけば良かったと思いました。

長文読解は文法が出来ていないと出来ません。早めに文法を固めた方がいいと思います。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ