大学受験で逆転合格するための勉強法

東北大学工学部合格者の基本データ


ハンドルネーム チョココ
区分 現役
出身校 県内では上位5校以内の進学校
受験勉強スタート 取り組み始めは高3の夏、本格的に勉強した期間は高3夏から10月
入学年度 2008年


受験結果
東北大学工学部AO2期 ◎


プロフィール
高校入学当時は成績も真ん中あたりでした。中学の頃数学をサボったせいもあり、かなり数学に対する苦手意識がありました。でも、英語が好きなのでとりあえず文型志望にしていました。 
 
大学に行く事を本気で考えたのも高校に入ったときでした。姉2人が私立大学に通っているので少しでも親の負担を減らす事を考えて国公立ならどこでもいいや、という気持ちでした。 
 
高1の1学期の時点で数学はかなりボロボロでした。学年でも後ろから数えた方が早い位の順位でした。これはヤバイ!!と気づき、夏休みに数学を最初からやり始めることにしました。 
 
夏休みに集中して数学を行ったおかげで、夏休み明けのテストでは偏差値もあがり、順位も学年トップになりました。(具体的に何をしたかについては後ほど詳しく説明します。) 
 
その後は数学が1番の得意科目になり、2年になる頃に先生からの勧めで思い切って理転することにしました。 
 
それから、自分がやりたいことを見つけるために様々な課外活動を行い、工学部にしました。 
 
高3の夏に東北大のオープンキャンパスに行き、絶対ココに行きたいと思いました。そこで、AO入試を知り、とりあえず受けてみることに。先生からは反対されましたが、夏から本気で勉強し始めて、合格することができました。  
戻る大学受験☆逆転合格術トップ