大学受験で逆転合格するための勉強法
大学受験
逆転合格勉強術

高校中退から早稲田に合格
数十人の受験生を難関大に導いた勉強法
メルマガにて期間限定ムービー公開中

お名前
メールアドレス

早稲田大学商学部合格者(管理人)の体験記8

合格発表
入試も終わり、後は結果を待つだけです。

受かってるような気がしたのは教育と法だけ。とりわけ教育にはかなり期待していました。

早稲田大学教育学部社会科学専修合格発表



受験が終わって数日後、待ちに待った合格発表。この日は期待度抜群教育学部の合格発表日でした。

期待と不安が入り混じる中、去年のように電話をかけてみる・・・

「残念ですが、不合格です・・・残念ですが、不合格です・・・」

不合格を伝える機械的な女の音声が耳に入ってきました。体中が凍りつき、目の前が真っ白になりました。実際、電話をかけたときは、まず受かっているだろうと思っているところがあり、まさかこんな展開になるとは想像もしていなかったからです。

悔しさで涙が滲んできました。「一番自信がある教育に落ちるということは、他も全部不合格に決まってる・・・」もはや、そうとしか考えられない自分がいました。

滑り止めを一つも受けず、背水の陣で早稲田一本で挑んだ私ですが、全部落ちるいうことは少しも想定していませんでした。確実に受かるという自信があったんです。落ちた場合は、専門学校にでも行くと親や友達には話していたものの、冗談半分という感じで、うわべだけの言葉でした。

早稲田五学部不合格という思い込みを受け入れられずにいた私は、このまま終わらしてたまるかという気持ちが芽生えてきて、泣きながらも今後どうするかについて一人考えていました。

「とりあえずここまで頑張っておいて大学進学を諦めるのは、絶対後々後悔するな。でも、あと一年もの間勉強して、早稲田かよ・・・そこまでして行く価値のある大学とは思えないし、後一年犠牲にしてまで行きたいとはやっぱり思えない。そう考えると早稲田よりレベルの高い大学を目指すしか自分的に納得できない。

となると、国立か・・」こんなことを考えてるうちに、浮かんできた大学は一橋大学でした。なんで一橋なのかは覚えていません。でも、確かなのはとりあえず早く新しい目標を立てて、その閉塞した状態から一刻も早く抜け出したかったということです。

すぐ両親にそのことを話しました。両親は、ありがたいことにそのことに了承してくれただけでなく応援までしてくれました。それで、早速数学の勉強をしようと思い、高校一年の時に学校で使っていた、数一と数Aの教科書を探すことになりました。ただ、このときもしかしたら法学部に受かっているかもしれないという思いがほんの少しだけありました。



早稲田大学政治経済学部政治学科・法学部合格発表

その翌々日、政経と法の合格発表がありました。まず政経の不合格を確かめます。やはり不合格。次はちょっとだけ期待していた法学部。結果は・・・不合格。この日は、例の不合格を伝える機械的な音声を二回も聞いたため相当イライラしました。

結果は分かっていたものの、やはりかなり落胆しました。でも、諦めは付けていましたし、教育のときほどではなかったです。この日くらいから、一橋大学に向けて、数学の勉強を開始しました。

それから数日後、商学部合格発表の前日のことです。ふと思いつき、商学部の入試問題の答えあわせをしてみたんです。この時は落ちていることを前提に何気なくはじめたのに、やたらと丸が多いんですよ。もしかしたらと思い、どんどん緊張しはじめました。

一問一問祈るようにゆっくり答えあわせをしていきます。全部終わって、合計点を調べました。すると75〜80%という結果。完全に諦めていただけにかなりびっくりしました。

商学部は成績標準化の影響がかなり出るということをどこかで聞いたことがあり、最低点が全く分からなかったため、全然安心していなかったんですが、「合格しているかもしれない」という期待感がかなり出ました。でも、正直受話器から、不合格以外の音声が聞けるということを想像できなくなってしまっている自分がいました。



早稲田大学商学部合格発表

翌日、商学部合格発表を確認しようとするも緊張して、なかなかできない。意を決し、自分の心臓音が聞こえる中、受話器を耳から遠ざけながら部屋で一人合否を確認。

「おめでとうございます!合格です!おめでとうございます!合格です!」

信じられませんでした。全身の力が一気に抜けました。もう一度、確認した後に親に報告しました。本当に嬉しかったです。とうとう終わったという感じがしました。合格できたのは、おそらく遅刻したおかげで、プレッシャーがかなり軽減され、邪念が消え、普段通りの力を出し切れた唯一の試験だったからだと思います。



早稲田大学社会科学部合格発表

翌日、商学部に受かったということで、部屋探しのため母親と上京しました。部屋探しが一段落したときに、社学の合格発表があることを思い出してケータイで確認したんですが、やはり落ちていました。私は社学に受かっても商に行く予定だったので、もはや笑い話でした。

これが私の大学合格までの軌跡です。もっとコンパクトにしようと思っていたんですが、結構長くなってしまいました。稚拙な文章ですが、最後までわざわざ読んでくれた方ありがとうございます!もしこの合格体験記が誰かの参考になることがあるとすれば、これほど嬉しいことはありません。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ続きを読む
当サイトに掲載されている全ての内容の無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright(C)2008 大学受験☆逆転合格術 All rights reserved
Since 2004/12/27