大学受験で逆転合格するための勉強法

高校中退(大検)と就職

高校中退・大検出身者の方で、就職を心配されている方からの質問をたまに受けるので、この記事を書くことにしました。

テーマは、「高校中退・大検(高認)出身であることが就職に悪影響を及ぼすのか?」です。

結論から言いますと、私の経験では「大検・高校中退」がネックになって就職で不利になったと感じたことはありません。全くもって問題なかったです。

ちなみに私は大検について突っ込まれた場合、逆にチャンスだと思い自分のアピールポイントとして答えていました。

思い返してみても大検ということで鼻から相手にしてくれなかった企業はなかったですし、大検について面接で一切触れてこずに内定を出した企業すらありました。

とはいえ、金融系などお固い業界については、もしかしたら大検差別があるかもしれません。よくわからない情報なので、あくまでこのことは参考程度に留めていただければと思いますが、一部のお固い業界では、学歴フィルターというものが存在すると聞いたことがありますので。(ちなみに私が聞いた学歴フィルターは大検に対するものではなく、一定レベル以下の大学にかけられるフィルターの話です・真偽はよくわかりません)ちなみに大検出身者で都銀に就職した人は知っていますので、都銀なら大丈夫かと思います。

参考になるかもしれないので、あえて内定をもらった企業の実名を出すと、アクセンチュア・リクルート・第一生命などの大手企業、楽天・日本能率協会コンサルティング・フューチャーアーキテクト・アビームコンサルティング・山田ビジネスコンサルティング・タナベ経営などの中小、ベンチャー企業から内定をいただきました。売り手市場の影響もあり、結構な数の内定をもらえました。(全て正社員・総合職)

就職は学歴も関係あると思いますが、それ以上に学生時代何を成し遂げてきたかということが非常に重要です。

いくらいい大学に通っていてもそれだけでは企業は採用してくれません。売り手市場と言われる現在であっても早稲田・慶応だけでなく東大ですら就職で苦戦している人はたくさんいるのが現状です。逆に無名の大学でも何かをしっかり成し遂げてきた人はしっかり採用してもらえています。

同じことは大検でも言えると思います。大検を自分のマイナスポイントではなく、プラスポイントに変えることが大切だと思います。ものは言い方です。一般に悪いと思われていることでも裏を返せばプラスの意味になるものです。

たとえば、高校を辞めた時点で、協調性がないと捉えられると思いますが、逆にいえば自分の意思をもって行動しているとも言えます。でも、企業は協調性がない人間をとりたがらないんじゃないかという不安はやはり残ると思います。じゃあ、協調性がないやつというイメージを人事の頭から消してしまうようなエピソードを話せばいいんです。それだけのことです。

就職で学歴はもちろん考慮される要素ですが、ただ学歴だけで判断される時代は終わったと思います。

しつこいようですが、就職において重要なのは、学生時代をボーッと過ごすのではなく、なにかを自分なりにがんばって、そのことを企業に伝え、自分がいかに有益な人材かを売り込むことです。

こういうことが大検や大学名よりも重要なのは間違いないです。

大検生のみなさんは、大検をむしろ誇れるくらいの気持ちでわが道を突き進んでください!

同じ大検出身者として応援してます!
戻る大学受験☆逆転合格術トップ