大学受験で逆転合格するための勉強法

政治経済勉強法2

政治経済は多少の理解も必要となってきますが、時事問題以外は独学で十分対応できます。

それでは、はじめに私が使用した参考書を列挙しておきます。

  (1)一目でわかる政経ハンドブック
  (2)政経問題集
  (3)清水の経済攻略
  (4)シルクロード546
  (5)政治・経済用語集
  (6)政治経済資料集(清水書院)
  (7)知恵蔵
  (8)imidas            
  (9)倫理教科書(出版社ド忘れ)
  (※)自作年代ゴロ

使い方ですが、(1)と(2)がメインになってきます。(1)は政経の教科書として使い、(2)はタイトル通り問題集です。この2冊は隅から隅まで暗記用のチェックペンで線を引いて全て完全に暗記してしまいます。

分からない所は(4)(5)(6)(7)(8)やネットを使って補足的に調べていきます。ネットや(5)(6)(7)(8)を調べた時や模擬試験、過去問をやった時に出てきた新たな知識は(1)の欄外などに書き込み、情報を一元化していきます。

経済分野では覚えるだけではなく理解しなければいけない部分があるので(3)を使いました。理解しにくい経済分野が分かりやすく説明されているので、オススメです。
(4)は初期段階では用語集として使いますが、後半では(1)や(2)でカバーしていない用語を全て覚えていきます。

日本国憲法はここのHPに掲載されているものをプリントアウトして、暗記用のチェックペンで線を引き、前文から103条まで何度も唱えて覚えました。

(9)ですが、なぜ倫理なのかというと、早稲田の政治経済学部では倫理分野が出題されるため、その対策として使いました。また、倫理分野でよく出題される人物は数名ネットで調べ、プリントアウトして覚えてしまいました。

政経を勉強する上で避けて通れないのが時事問題ですが、上記の勉強だけではカバーできません。なので、別に時事対策をしなければいけないんですが、自分でやると見切りがつけられなくなってしまい、効率がかなり悪くなってしまうので、予備校の講座に頼るのが一番だと思います。

私は代ゼミフレックス・サテライトの夏期講習で吉田一徳先生の時事政経講義を受講しました。これと同時に、夏期講習では吉田先生の憲法講義も受講しました。日本国憲法は先ほど書いた参考書の内容だけでは物足りなく少し不安だったからです。二つともしっかりとした内容で、とても満足の行くものでした。この2つのテキストも隅から隅まで暗記用チェックペンを引いて完全暗記しました。

また、冬期講習では吉田先生の時事問題ファイナルチェックを受講したんですが、これは夏期講習の内容とほとんどかぶっていて、ほとんど覚えてしまっている内容を繰り返すだけだったため、時間とお金の無駄に終わりました。

こんな感じで時事対策をやっても、入試本番では見たこともない時事問題が出てくる確率はかなり高いと思います。でも、安心してください。ちゃんと勉強していたら、知らない時事問題が出ても十分に合格点に乗りますし、他の人も大半は得点できていないはずです。

早稲田を政経で受験する人は、秋ごろから選択科目に政経がある学部全ての過去問を問題集代わりに解き始めてください。早稲田では、同じ問題が何度も出題されるので、間違えなくなるまで何度も解きましょう。かなりの得点アップが見込めます。

過去問は解説がしっかりしている青本を使うことをオススメします。解説ページの分からない用語はしっかり調べて、解説ページ自体にも直接暗記用チェックペンを引いてガンガン覚えていきましょう。

以上の勉強をこなせば、早稲田の問題で少なくとも7割は確実にとれる実力がつくはずです。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ