大学受験で逆転合格するための勉強法

英語勉強法3

文法
文法は数をこなしてひたすらパターンを暗記していけば、ある程度はできるようになります。

でも、それだけでは効率的に勉強しているとは言えないんです。

効率よく勉強するためには、ひたすら文法を暗記するのではなく、しっかりと理解しながらこなしていく必要があります。そうすることで、かなりの応用力がつくはずです。

そもそも文法というのは何も文法問題対策のためだけにやるわけではありません。英文解釈とも密接に関わってくるんです。ちゃんと理解してこなすことで、英文読解の際にも大いに役立ちますし、文法問題と読解問題両方でので相乗効果を期待できます。

また、ごくごく基本的なところからしっかりやりましょう。例えば五文型をしっかり理解していますか?副詞句と言われてピンときますか?もしあなたが「こんなことやらなくていい」とか勝手に思って、すっ飛ばしているなら、すぐに絶対やってください!なんとなくでやっていると英語は絶対ダメです。受験英語はフィーリングでやるといつか絶対つまずいてしまいます。

それでは、私の経験を踏まえてどのように文法を勉強したらよいのか具体的に紹介していきます。

文法の基本的なことを理解するためにオススメなのが、山口英文法講義の実況中継上富田の入試英文法Ver.1です。これらをやることで文法を知的に考えられるようになります。まさに目から鱗な参考書です。ただし、一回やるだけで満足していてはいけません。3回くらい繰り返して、確実にこれらの本に書いてある考え方を自分のものにしてください。これらを終えると、次はこれらの理論を実践的なものにするため、演習に移ります。

基礎英文法問題精講
からやり始めるのがいいでしょう。解説を読んでも分からなかったりする場合は、ロイヤル英文法を参照しながら、わからない分野を潰していくといいです。間違えなくなるまで、この参考書を何回も繰り返してください。その次には、英文法・語法のトレーニング大学入試英語頻出問題総演習・即戦ゼミを同じ要領でそれぞれやっていきます。

一冊ずつ完璧になるまでしっかりこなしていくことで、文法の穴をなくしていきましょう。ちなみに私は大学入試英語頻出問題総演習・即戦ゼミでは、発音・アクセント問題を一切やっていません。早稲田大学の入試では、発音・アクセントが出題されないからです。

短期間で逆転を狙っている人は、なるべく志望校で必要ない勉強を削って、志望校に沿った勉強を心がけてください!ここまでは木で例えるならば幹の部分になります。これで文法の重要事項のほとんどが頭に入っているはずです。でも、実はこれだけでは文法対策は完璧とは言えないんです。これだけでは対応しきれない部分が出てくるかもしれないんです。

英作文や正誤問題が出る大学もあれば、全く出ない場合もありますよね?幹の部分を完成させた後に過去問を解いてみて、そういう特定の文法ジャンルに対応しきれていないと感じれば、集中的にそこを固めるために勉強しなければなりません。

この特定ジャンルは木で例えると枝の部分になります。以下は、その幹対策のために私がやった勉強法です。英作文が出題される大学を受験する場合には、英語の構文150を使うといいです。解説を読んで理解した後、CDを聞いたり声に出して読んだり書いたりして、例文を完全に暗記してしまってください。例文全てを頭に詰め込むと、英作文をやる上での基礎力はできあがっているはずです。

また、私は早稲田大学法学部の条件英作文対策として、語法・構文完璧演習の条件英作文に収録されている法学部条件英作文の過去問20年分を解いた後、全て暗記しました。今では条件英作文は出題されないので、もはや必要ない勉強法といえるかもしれません。ちなみに英作文にそこまで力を入れていなかったため、私はこれら2冊以外のことはやっていません。

英会話は一応やっておかないと表現を知らないだけで、損をすることになりかねませんので英会話対策として何か一冊やっておく方がいいと思います。私が使用したのは「英会話問題のトレーニング」です。構成がよくて、しっかりまとまっているので使いやすかったですよ。
戻る大学受験☆逆転合格術トップ続きを読む